南相木小学校の校章

 昭和45年、南相木小学校の校章となりました。
 バックは、白の深山桜に小の赤文字、質素で謙虚、雅やかさを表す清楚な花を表しています。
 それに緑の三点。これは、南相木村の峰雄山をはさんで、三川・栗川の谷が一つに合わさり、南相木の雄大な自然と美しい緑を意味し、明朗・真実を象徴しています。
 真ん中の小の文字は、未来に向かい希望に燃えて伸びゆく子ども達を表しています。
 この校章は、村全体の応募作品44点の中から、加佐の中島至静さんの図案に色付けしたものです。



南相木小学校校歌

作詞 猿谷  知城
詩補 尾崎  喜八
作曲 江崎健次郎

                 1.峰尾の山の あさぼらけ
                  彩なす雲に 光有り
                  百鳥うたう 栗木原
                  丘の上なる 我が母校

                2.真飛沫あげて めぐりつつ
                  しらべもつきぬ 相木川
                  流れにうつる 晩春の
                  深山桜ぞ 我がすがた

                3.見張りの城趾 秋晴れて
                  錦繍こらす 山深し
                  真理の道や 美のながめ
                  きわめ登らん いざ友よ


作詞をされたのは、昭和23年に着任された猿谷知城校長先生です。昭和29年に制定されました。
当初は、南相木中学校の校歌でもあったので、「南相木学校校歌」となっていました。
詩を補作された尾崎喜八氏は、大正から昭和にかけて活躍した詩人です。(1892年〜1974年)
作曲した江崎健次郎氏は、1950年代から活躍している現代音楽の作曲家です。(1926年〜)

尾崎喜八について